Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も

また金融機関に対するフィッシング攻撃を中心に、暗号化通信である「HTTPS」を利用するケースが増えている。

同社によると、SunTrust Bankを装うフィッシング攻撃では、87%でHTTPS通信を利用。またBNP ParibasやWells Wargoといった金融機関を偽装したケースでも、それぞれ66%、47%と高い割合でHTTPSが使用されていた。

一方、悪用されたブランドとしてはもっとも割合が高かった「Google」では、17%にとどまったという。

同社は、フィッシングサイトでHTTPSを利用することにより、安全なウェブサイトを装っていると分析している。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁