Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も

また金融機関に対するフィッシング攻撃を中心に、暗号化通信である「HTTPS」を利用するケースが増えている。

同社によると、SunTrust Bankを装うフィッシング攻撃では、87%でHTTPS通信を利用。またBNP ParibasやWells Wargoといった金融機関を偽装したケースでも、それぞれ66%、47%と高い割合でHTTPSが使用されていた。

一方、悪用されたブランドとしてはもっとも割合が高かった「Google」では、17%にとどまったという。

同社は、フィッシングサイトでHTTPSを利用することにより、安全なウェブサイトを装っていると分析している。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加