Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WebExプラグイン」狙う攻撃が発生 - 不正サイト閲覧でコード実行のおそれ

オンライン会議システム「Cisco WebEx」のウェブブラウザ用プラグインにおける既知の脆弱性を狙った攻撃が確認されている。

「Cisco WebEx Meetings Server」や「Cisco WebEx Center」の利用者に提供されているブラウザ向けプラグインに対し、既知の脆弱性「CVE-2017-3823」を悪用する攻撃が確認されたもの。

問題の脆弱性は、APIの応答に対する処理に起因。悪意あるウェブサイトへアクセスした場合など、リモートよりブラウザの権限で任意のコードを実行されるおそれがある。

Windows環境で動作する「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」向けのプラグインに影響があり、「Edge」は影響を受けない。2017年1月に公表され、同月より各ブラウザ向けにプラグインのアップデートが提供されている。

同社は「限定的」としつつも、同脆弱性を悪用する進行中の攻撃活動をPSIRTが確認したことを明らかにした。またWatchGuard Technologiesは、「Chrome」向けプラグインを対象する攻撃が、第3四半期から第4四半期にかけて急増したと指摘している。

(Security NEXT - 2019/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ