Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会議システム「Cisco WebEx」に深刻な脆弱性 - すでに悪用コードが公開

Cisco Systems製オンライン会議システム「Cisco WebEx」のブラウザ向け拡張機能に脆弱性が含まれていることがわかった。同社やセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同社が「Internet Explorer」や「Firefox」「Chrome」向けに提供している機能拡張に、リモートよりブラウザの権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2017-3823」が含まれていることが判明したもの。

影響があるのはこれらブラウザのWindows版で利用した場合に限られ、マイクロソフトの最新ブラウザである「Microsoft Edge」のほか、「Mac」や「Linux」では影響を受けないことを確認したとしている。

同脆弱性の重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされており、「Chrome」向けの拡張機能については、すでに攻撃がコードが公開されているという。

同社では、「IE」向けに脆弱性を修正した「同10031.6.2017.0126」を公開したほか、「Firefox」向けに「同106」、「Chrome」向けに「同1.0.7」を用意。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず