Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市

千葉県野田市で小学4年生だった児童が、父親の虐待により1月に死亡した事件で、同市は個人情報保護条例違反などを理由に職員12人に対し、懲戒処分を実施した。

同市は、虐待を訴えた児童のアンケート写しを児童の父親に対して渡し、情報供給など不十分だったことについて、地方公務員法や同市個人情報保護条例に違反すると指摘。教育委員会や関係する同市職員12人に対し、3月28日付けで懲戒処分を行った。

教育委員会学校教育部の次長を停職6カ月とし、主幹に降格。また学校教育部と市児童家庭部の職員6人に対し3カ月の減給処分を実施。5人を戒告とした。

(Security NEXT - 2019/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市