Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁

消費者庁は、フィッシング詐欺など、事業者が発信した注意喚起情報を紹介するページを同庁のウェブサイト内へあらたに設置した。

同庁では、消費者におけるトラブルや被害についてインターネットにおける調査を進めており、調査を通じて把握した事業者による注意喚起情報を紹介するあらたなページを用意したもの。

企業を装うフィッシングメールや詐欺サイト、悪質な訪問販売など、各企業による注意喚起について紹介するほか、日本サイバー犯罪対策センターなど専門機関が発信する情報についても掲載している。

(Security NEXT - 2019/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

啓発動画のコンテスト、再生回数や評価でも評価 - トレンド
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
IPA、バグハンター向けに勉強会 - 発見や届け出のポイントなどを解説
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催