Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック

システム開発やソフトウェアの販売などを手がけるゼネテックは、元従業員が取引先情報を無断で持ち出した問題で、不正競争防止法違反容疑で元従業員が逮捕、起訴されたことを明らかにした。

同社によれば、同社のエンジニアリングソリューション本部に関する取引先との取引情報などを、元従業員が無断で社外へ持ち出していたもの

警視庁は、元従業員について不正競争防止法違反の容疑で1月23日に逮捕。2月13日に起訴した。

同社では1年以上前となる2017年11月に事態を公表。告訴の準備などを進めていた。また今回の問題を受けて暗号化や外部記憶媒体の制御、アクセス履歴の管理など再発防止策に取り組んでいるという。

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
ブラウザ上で仮想通貨を発掘する「Coinhive」がサービス終了へ
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
ユーロポール、海賊版販売ドメイン3万3654件を押収 - 仮想通貨など100万ユーロを凍結
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
クラックマニュアル販売時の商標法違反、有罪が確定