Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)とセキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)は、「セキュリティフォーラム2019」を3月14日に都内で開催する。

同フォーラムは、IoTやスマートデバイスに関するセキュリティの動向に興味のある人や、セキュリティ関連業務の従事者、ICTサービスの提供事業者などを対象としたイベント。政府の取り組みである「サイバーセキュリティ月間」の関連行事として開催する。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CISOの坂明氏による基調講演や早稲田大学理工学術院教授の戸川望氏による特別講演「IoT時代の新たな脅威ースパイチップは存在するか」をはじめ、有識者が登壇。閉会後は、交流会が行われる予定。

会場は、東京都文京区の中央大学後楽キャンパス。参加費は無料だが、事前登録が必要。定員は180人で先着順となる。申し込みや詳細はイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に