Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開

情報処理推進機構(IPA)は、米国国立標準技術研究所(NIST)が発行した「重要インフラのサイバーセキュリティを改善するためのフレームワーク 1.1版」の翻訳版を公開した。

2018年4月に発行された「Framework for Improving Critical Infrastructure Cybersecurity Version 1.1」を翻訳。「重要インフラのサイバーセキュリティを改善するためのフレームワーク 1.1版」として、同機構のウェブサイトで公開したもの。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同で、日本においてニーズが高いと想定されるNISTの発行文書を翻訳。内容についても研究し、日本の実情に則した解説を提供している。

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査