Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は、個人情報を掲載した学内向けのウェブサイトが、誤って学外に公開されていたことを明らかにした。

同大によれば、情報科学研究科において、本来学内からの閲覧に限定されるべきウェブサイトが、2018年8月7日から10月22日にかけて、学外から閲覧できる状態となっていたことが判明したもの。

問題のウェブサイトには、企業405社の採用担当者の氏名とメールアドレス1086件を記載。さらに修了生246人の氏名と学生番号、利用停止済みのメールアドレス、および在学生と修了生1771人の氏名と学生番号などを掲載していた。

同サイトを運用しているサーバの更新時に、アクセス制御の設定を誤ったのが原因だという。

同大では問題発覚後、設定を修正し、学外からのアクセスを禁止するとともに、検索サイト上のキャッシュを削除する措置を実施。対象となる企業と学生に対し、書面で謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
メール誤送信で社会実験参加者のメアド流出
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大
オーディション応募者へのメールで誤送信、メアド流出 - 松竹芸能
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府