Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxのパッケージ管理ツール「apt」に脆弱性 - 不正プログラム実行のおそれ

一部Linuxディストリビューションが、パッケージ管理に採用している「apt(Advanced Packaging Tool)」に、リモートより任意のコードが実行されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

同ツールを用いてパッケージをインストールする際に、マンインザミドル(MITM)攻撃や悪意あるミラーから不正なプログラムをダウンロードさせることが可能となる脆弱性「CVE-2019-3462」が明らかとなったもの。セキュリティ研究者のMax Justicz氏が報告した。

プログラムの署名の検証プロセスに問題があり、不正なプログラムをダウンロードし、root権限で任意のコードを実行されるおそれがあるという。

今回の報告を受け、DebianやUbuntuなど一部ディストリビューションでは、アップデートの提供を開始。またリダイレクトを無効にする緩和策を案内している。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声