Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開

「Windows」にリモートよりコードの実行が可能となる未修正の脆弱性が含まれていることがわかった。現行バージョンにおける修正予定はなく、研究者より実証コードが公開されている。

「Windows」において企業情報や個人情報のやりとりに用いる「vCard」ファイルの処理に、未修正の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

細工したファイルを開いたり、ウェブサイトを訪問すると悪用されるおそれがあり、端末利用者に対し、危険性があるリンクを十分な警告なしに表示。リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性はセキュリティ研究者が発見。8月にトレンドマイクロ傘下のZero Day Initiative(ZDI)を通じてMicrosoftへ報告していた。

(Security NEXT - 2019/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート