Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開

「Windows」にリモートよりコードの実行が可能となる未修正の脆弱性が含まれていることがわかった。現行バージョンにおける修正予定はなく、研究者より実証コードが公開されている。

「Windows」において企業情報や個人情報のやりとりに用いる「vCard」ファイルの処理に、未修正の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

細工したファイルを開いたり、ウェブサイトを訪問すると悪用されるおそれがあり、端末利用者に対し、危険性があるリンクを十分な警告なしに表示。リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性はセキュリティ研究者が発見。8月にトレンドマイクロ傘下のZero Day Initiative(ZDI)を通じてMicrosoftへ報告していた。

(Security NEXT - 2019/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性
脆弱性を解消した「Firefox for iOS 27」がリリース
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性