Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を

今後、サポートの終了時期が近くなるにつれ、駆け込み需要が増加するため注意が必要だ。2019年は5月に改元も控えており、余裕を持った対応が求められる。

2014年にサポートが終了した「Windows XP」では、移行にまにあわないケースが一部で発生。さらにサポート終了直後には重大な脆弱性が見つかり、急遽例外的にセキュリティ更新が提供されるといった事態も発生した。

なお、「Windows 7」「Windows Server 2008」だけでなく、2020年10月13日には、「Office 2010」についてもサポートの終了を控えている。利用している場合は、あわせて移行を検討する必要があるだろう。

(Security NEXT - 2019/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正