Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を

今後、サポートの終了時期が近くなるにつれ、駆け込み需要が増加するため注意が必要だ。2019年は5月に改元も控えており、余裕を持った対応が求められる。

2014年にサポートが終了した「Windows XP」では、移行にまにあわないケースが一部で発生。さらにサポート終了直後には重大な脆弱性が見つかり、急遽例外的にセキュリティ更新が提供されるといった事態も発生した。

なお、「Windows 7」「Windows Server 2008」だけでなく、2020年10月13日には、「Office 2010」についてもサポートの終了を控えている。利用している場合は、あわせて移行を検討する必要があるだろう。

(Security NEXT - 2019/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「Citrix ADC」などに深刻な脆弱性、パッチ未提供 - 早急に緩和策実施を
「PHP」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Win 7」「WS 2008」サポート終了まで1カ月切る - 移行漏れないよう確認を
サポート終了目前に「OpenSSL 1.0.2u」をリリース
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も