Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ決済のクレカ不正利用対策で検討会 - 経産省

経済産業省は、スマートフォン向け決済サービスにおいて、クレジットカードの不正利用による被害が発生していることを受け、セキュリティ対策のガイドラインについて検討を開始する。

流出したと見られるクレジットカード情報が不正に利用され、スマートフォン決済サービスで被害が発生している問題を受け、年明けより不正利用防止対策ついて議論する業界横断的な検討会を開催するもの。

セキュリティコードの流出を踏まえた不正利用防止策について決済事業者が守るべきセキュリティ対策の水準について検討する。

開催にあたっては、キャッシュレス推進協議会において、QR決済事業者、クレジットカード会社など業界横断的に参加を求め、クレジット取引セキュリティ対策協議会とも連携しつつ、3月末までにガイドラインの取りまとめを目指す。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
ICクレジットカード取扱店向けにロゴマーク - 日本クレジット協会と経産省
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念