Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害

米司法省は、マネージドサービスプロバイダでは、知的財産などを多数有しており、重要な事件であると指摘。

過去7年間における産業スパイ活動における刑事訴追の9割以上が中国に関連、営業秘密の盗難事件における3分の2以上が中国が関与していたことを言及した。

また2015年に米バラクオバマ大統領と中国の習近平国家主席が、ビジネス上の機密情報を窃取するサイバー攻撃を行わないことで合意したが、守られておらず同国の犯罪行為を到底受け入れられないと厳しく非難。

中国では産業政策「中国製造2025」を掲げ、製造10分野に注力しているが、これら分野の企業が侵害の標的となっており、国際社会への約束を果たしていない証拠であると主張。サイバー攻撃による侵害行為を今後も司法制度を通じて公開していくと述べている。

(Security NEXT - 2018/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本も狙う「APT10」にあらたな動き - 一見問題ない実行ファイルから攻撃展開
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
中国関与の攻撃グループ「APT10」の活動を非難 - 外務省談話
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
無人潜水機など海事技術狙う「APT 40」 - 中国関与か
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
Linuxのパッケージ管理ツール「apt」に脆弱性 - 不正プログラム実行のおそれ
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか