Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装

全国銀行協会を装い、クレジットカード情報をだまし取るフィッシングサイトが確認されたとして、同協会やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20181220_ap_001.jpg
全銀協を装いつつ、クレジットカード情報をだまし取るフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングサイトでは、情報漏洩や不正利用の状況が確認できるなどとだまし、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力させようとしていた。

12月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

また全銀協では、同協会がクレジットカード番号やセキュリティコードを尋ねることはないと説明。過去に銀行口座やパスワードなどをだまし取るフィッシングサイトも確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か