Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装

全国銀行協会を装い、クレジットカード情報をだまし取るフィッシングサイトが確認されたとして、同協会やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20181220_ap_001.jpg
全銀協を装いつつ、クレジットカード情報をだまし取るフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングサイトでは、情報漏洩や不正利用の状況が確認できるなどとだまし、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力させようとしていた。

12月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

また全銀協では、同協会がクレジットカード番号やセキュリティコードを尋ねることはないと説明。過去に銀行口座やパスワードなどをだまし取るフィッシングサイトも確認されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラグビーW杯の便乗詐欺サイトに注意 - 「無料ライブ配信」で誘惑
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導
偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も