Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、セキュリティアップデートとなる「同5.0.1」をリリースした。旧版に対してもアップデートも提供しており、早急に更新するよう強く推奨している。

「WordPress」に関しては、メジャーバージョンアップとなる「同5.0」が12月6日にリリースされたばかりだが、早くもセキュリティアップデートをリリースしたもの。

メタデータを変更し、許可なくファイルの削除が可能となる脆弱性や、不正な投稿タイプの投稿が可能となる脆弱性が明らかとなった。

さらにメタデータの作成が可能となるPHPオブジェクトインジェクションや、コメント操作における権限昇格によりクロスサイトスクリプティング(XSS)が生じる脆弱性が存在。メールアドレスが漏洩し、デフォルトパスワードを生成される問題が判明している。

(Security NEXT - 2018/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定