Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を

ヤマト運輸は、不在通知や荷物の配達予定通知を装った悪意あるショートメールが出回っているとして、注意喚起を行った。

問題のショートメールでは、不在のため荷物を持ち帰ったなどと説明し、記載されたURLにアクセスするよう促す内容。

誘導先の偽サイトでは、荷物の問い合わせに作業が必要かであるように装い、インストールボタンを表示。クリックすると不正なアプリがダウンロードされるしくみとなっている。

同社では、ショートメールによる不在連絡や配達予定の通知などは行っていないとアナウンス。偽サイトに注意するよう呼びかけている。

20181213_ya_001.jpg
なりすましのSMSやウェブサイト(画像:ヤマト運輸)

(Security NEXT - 2018/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も