Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を

ヤマト運輸は、不在通知や荷物の配達予定通知を装った悪意あるショートメールが出回っているとして、注意喚起を行った。

問題のショートメールでは、不在のため荷物を持ち帰ったなどと説明し、記載されたURLにアクセスするよう促す内容。

誘導先の偽サイトでは、荷物の問い合わせに作業が必要かであるように装い、インストールボタンを表示。クリックすると不正なアプリがダウンロードされるしくみとなっている。

同社では、ショートメールによる不在連絡や配達予定の通知などは行っていないとアナウンス。偽サイトに注意するよう呼びかけている。

20181213_ya_001.jpg
なりすましのSMSやウェブサイト(画像:ヤマト運輸)

(Security NEXT - 2018/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導