Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催

イスラエル発のセキュリティイベント「Cybertech Tokyo 2018」が、11月29日、30日に都内で開催される。

同イベントは、セキュリティソリューションに関する情報共有やアライアンス強化などを目的としたイベント。2017年にスタートし、今回で2回目。

カンファレンスでは、イスラエルや国内の政府関係者、有識者、セキュリティベンダーなどのエグゼクティブが登壇。イスラエル独特のエコシステムや技術を紹介するほか、日本国内の政策、IoTや重要インフラにおけるセキュリティ、投資などをテーマとした講演を予定している。また会場では技術やサービスなどを紹介する展示会なども行われる。

会場は虎ノ門ヒルズで、カンファレンス、展示会のいずれも有料。ただし、政府、官公庁、自治体関係者は無料となる。詳細は同イベントのウェブサイトから。

訂正のお知らせ:イベント事務局の当初発表では展示会が「無料」とされておりましたが、「有料」と訂正されました。発表内容の変更にあわせ、本記事の該当部分についても訂正しました。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC