Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催する。

同演習は、同機構のナショナルサイバートレーニングセンターが提供する体験型のサイバー防御演習。

組織の情報システム担当職員としてチーム単位で演習に参加し、模擬環境でサイバー攻撃によるインシデントの検知、対応、報告、回復までの一連の流れについて実際に体験、学習できる。

追加で開催するのは、初級となる「Aコース」および「B-1コース」で、12月から2019年1月にかけて合計3回を都内で実施する予定。詳細は「CYDER」のページから。

(Security NEXT - 2018/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始