Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議ツール「Cisco Webex」に脆弱性 - 実証コード公開済み

同社では、同脆弱性へ対処したアップデート「Cisco Webex Meetings Desktop App 33.5.6」「Cisco Webex Productivity Tools 33.0.5」をリリースした。緩和策はないという。

Cisco PSIRTでは、10月25日の時点で同脆弱性の実証コード(PoC)が入手可能であることを把握しているが、悪用については認識していないと説明している。

またJPCERTコーディネーションセンターでも同脆弱性の実証コードが公開されていることを確認したとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開