Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院

宇陀市立病院の電子カルテシステムがランサムウェアへ感染し、一部データが暗号化され、参照できなくなっている問題で、同院では10月25日に公開された復号ツールの活用も視野に解析作業を進めている。

同院では、10月16日5時半過ぎに不具合が発生。10月1日より導入した電子カルテシステムが利用できない状態となった。感染したランサムウェアは「GandCrab」で、同院では感染経路など含め、外部事業者の協力のもと詳しい原因を調べている。

同ランサムウェアに関しては、ランサムウェア対策を展開するプロジェクト「NO MORE RANSOM」が、「GandCrab」の複数バージョンへ対応した復号ツールを10月25日に公開した。

同院によると、解析作業を進める外部事業者では、すでに復号ツールの存在を把握。同ツールの活用も視野に、暗号化されたデータの解析、復元作業に取り組んでいるという。

ランサムウェアに関しては、被害が生じても公表しない組織もあるが、今回公表に至った理由について同院関係者は、「公立病院という立場上、問題があれば速やかに対応し、判明した情報については情報公開し、知っていただく必要がある」と説明している。

(Security NEXT - 2018/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も