Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談

情報処理推進機構(IPA)は、2018年第3四半期における不正アクセスの届出状況や相談状況などを取りまとめた。「不正ログイン」に関する相談が引き続き多数寄せられている。

同四半期に届け出があった不正アクセスは15件。前四半期の13件から微増した。内訳は法人が9件、個人5件、学術公的機関1件だった。

15件のうち14件で被害が発生しており、被害の内容は「なりすまし」が12件。「アドレス詐称」「不正プログラム埋め込み」がそれぞれ1件だった。

被害が発生した届け出において不正アクセスを受けた原因を見ると、10件が「ID、パスワード管理不備」で「設定不備」が1件。3件については、原因が明らかになっていない。

20181029_ip_003.jpg
不正アクセス被害の原因(グラフ:IPA)

一方、同四半期に同機構の「情報セキュリティ安心相談窓口」に寄せられた相談件数は2981件。前四半期の2342件から27.3%の増加。

相談内容を見ると、「ウイルスを検出した」などと偽警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談が386件。

前四半期の446件から13.5%減少したものの、200件前後で推移していた2017年後半と比較すると高い水準にある。

「ワンクリック請求」に関する相談は108件で、前四半期の162件から33.3%減少。そのうちスマートフォンに関する相談は46件だった。

またSNSや通信販売サイト、クラウドサービスなどにおいて、第三者に「ID」および「パスワード」が不正に利用されたとする「不正ログイン」にの相談は68件。前四半期の85件から20%減となるものの、引き続き多くの相談が寄せられている。

20181029_ip_004.jpg
不正ログインの相談件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件