Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正

Oracleは、四半期ごとの定例アップデートである「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。CVEベースで301件の脆弱性を修正している。

20181017_or_001.jpg
クリティカルパッチアップデートをリリースしたOracle

今回のアップデートでは、「Oracle Database Server」「Java SE」「MySQL」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle E-Business Suite」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Golden Gate」「Oracle Enterprise Manager」など、多数製品の脆弱性に対処した。

修正した脆弱性はCVEベースで301件。共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上の「緊急」または「重要」とされる脆弱性は、あわせて159件にのぼる。また191件に関しては、認証なくリモートより悪用されるおそれがある。

同社では、利用者に対してサポートされているバージョンを確認し、アップデートを可能なかぎり早く適用し、脆弱性を修正するよう呼びかけている。

なお、次回の定例アップデートは米国時間2019年1月15日となる予定。

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Joomla」のファイル添付機能拡張に脆弱性 - コード実行のおそれ