Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ

イスラエルSCADAfenceは、グローバル・ブレイン、三井不動産とともに国内事業所を開設した。製造業向けセキュリティ対策ソリューションの国内展開を目指す。

同社は、スマートファクトリーやスマートシティのセキュリティ対策に特化したソリューション「SCADAfence」を展開するイスラエルのセキュリティ企業。

グローバル・ブレインと三井不動産は、両社が運営するファンドを通じて「SCADAfence」へ出資を行うなど、これまでも支援してきたが、国内企業へのサポート体制を確立するため、国内事業所を開設。日本市場における本格的な事業展開に向けた準備を推進していく。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス