Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティアナリストや研究者を対象とした「Japan Security Analyst Conference 2019(JSAC 2019)」において、論文募集(CFP)の2次募集を開始した。

同イベントは、インシデントやマルウェアなどへの対応などをテーマとしたカンファレンス。次回は2019年1月18日に都内で開催を予定している

6月より実施されていた1次募集は10月5日に終了したが、最新インシデントなどの発表に対応するため、2次募集を行っている。

締め切りは12月3日で募集要項は同イベントのウェブサイトから。一般参加の申し込み方法については、11月ごろにアナウンスされる予定。

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始