Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加

9月のフィッシングの報告件数は、前月の約3分の2と大幅に減少した。一方で悪用されたブランドは前月より増加している。

フィッシング対策協議会が、9月に寄せられたフィッシング攻撃の動向について取りまとめたもの。9月は1244件の報告が寄せられた。

前月の1874件から630件減と大きく改善。3月以降、2000件前後で推移し、ピークを迎えた5月には2701件に達したが、やや落ち着きを取り戻した。とはいえ、2月以前と比較すると依然として高い水準にあることに変わりなく、引き続き注意が必要だ。

フィッシング攻撃に悪用されたURLは846件。前月を108件下回るものの、報告数に比べると減少率は小さい。一方、悪用されたブランド件数は34件で、前月から2件増加している。

20181003_ap_001.jpg
フィッシング報告やURLの推移(フィ対協の発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2018/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」