Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も

PHPの開発チームは、セキュリティアップデートをリリースした。最新版へ更新することを推奨している。

「PHP 7.2.10」「同7.1.22」「同7.0.32」「同5.6.38」をリリースしたもの。「Apache2コンポーネント」の「Bucket Brigades」において正しく処理が行われない脆弱性「CVE-2018-17082」へ対処した。

同脆弱性に起因し、「同7.0.32」および「同5.6.38」では、ヘッダにおけるチャンク形式転送エンコーディングで「クロスサイトスクリプティング(XSS)」が可能となる脆弱性を解消したという。

また「同7.2.10」「同7.1.22」では、複数のマイナーなバグの修正を実施。開発チームでは各系統の利用者へ最新版へアップデートするよう呼びかけている。

20180918_ph_001.jpg

(Security NEXT - 2018/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性