Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府

大阪府は、内部告発した職員の氏名が、通報内容に関連する部署へ漏洩したことを明らかにした。

同府によれば、職員通報制度を利用して、府コンプライアンス委員を務める弁護士に対し、メールで内部不正の告発をした通報者の氏名が漏洩したもの。

通報のメールを受信した府コンプライアンス委員の弁護士が、8月21日に公益通報制度の担当窓口である同府法務課にメールを転送。

その際、メールの本文では個人を特定する情報が伏せられていたが、添付ファイルでは、本来ならば黒塗りすべき通報者の氏名が記載されたままだったという。

さらに同メールを受信した法務課においても、メールの内容を十分確認せず、通報者の氏名を確認できる状態で不正の関連部署へメールを転送していた。

同月22日にメールを受信した関係部署の職員が問題に気が付き、翌23日に法務課と関係部署ではデータを削除。対象となる通報者に対し連絡し、書面による謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
職員による不正持出、約220万件の行政ファイル - 三浦市
愛知県旅券センターで委託先従業員が利用者情報を漏洩 - 「Yahoo!知恵袋」に告発文
原子力機構のウイルス感染、関係者リストが外部漏洩した可能性
原子力機構のPC3台がウイルス感染 - 不正行為の告発情報など流出か
P2Pによる情報漏洩の告発状に見せかけた不審メール - JNSAが注意喚起
税務情報を地元の不動産業者へ漏洩 - 可児市職員が逮捕
職権乱用で個人情報入手で逮捕 - 足立区が謝罪
NHK委託会社元社員が個人情報を持ち出して受信料を詐取