Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも

電話回線を通じて細工したファックス文書を送信するだけで、受信端末のメモリ上に不正なプログラムを展開できる攻撃「Faxploit」が明らかとなった。ファックスの通信プロトコルに起因し、複合機など多数機器が影響を受けるおそれがあるという。

米Check Point Software Technologiesのセキュリティ研究者が8月に開催されたDEFCONで発表したもの。

多くのファクス機器で採用されている通信プロトコルの脆弱性を悪用することで攻撃が可能だとしている。

標的となるファクス番号に対し、電話回線を通じて細工した画像データを送信することで、受信側の機器にバッファオーバーフローを生じさせる手法で、マルウェアをメモリ上に展開できることを一部機器で確認した。

20180911_cp_002.jpg
受信端末で悪意あるファックスを受信し、制御を奪われたところ(研究者が公開した動画より)

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測