Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ

ジェイピー・セキュアは、パートナーのホスティング事業者へ提供しているウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の攻撃検知状況を取りまとめた。

GMOペパボの「ロリポップ!レンタルサーバー」およびGMOクラウドの「WADAX共用サーバー」に提供するWAFによって、1月1日から6月30日までの2018年上半期に検出された攻撃を分析し、レポートとして取りまとめたもの。

同社によると、2018年上半期に対象サービスで検出された攻撃件数は1億1875万9291件。1日あたり65万件超の攻撃を検出した。2017年下半期の1日あたり50万件から上昇している。

月別に見ると1月が約3900万件と突出。ほかの月は大きな変動は見られず、1500万件前後で推移したという。

20180907_jp_002.jpg
攻撃の検出推移1月が突出して多かった(グラフ:JP-Secure)

(Security NEXT - 2018/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み