Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紛失盗難PCのネット転売を監視するサービス - クロスワープ

クロスワープは、盗難や紛失に遭ったパソコンがインターネット上のオークションやフリーマーケットなどへ出品されていないか監視するサービスを提供開始した。

「盗難・紛失PC発見サービス」は、インターネットをクローリングし、盗難や紛失被害に遭ったパソコンがインターネット上で転売されていないか監視する法人向けサービス。機器名などのキーワードを事前に設定し、オークションサイトやフリーマーケットアプリを定期的に検索する。

対象機器と疑われる出品を確認した場合は、出品ページの情報を保存した上で報告。監視期間の終了後には、報告書を提出する。削除要請の支援や購入の代行、機器調査会社の紹介など関連サービスも提供する。

料金はサービス内容や期間、監視対象の件数によって変動し、32万4000円から。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス