Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紛失盗難PCのネット転売を監視するサービス - クロスワープ

クロスワープは、盗難や紛失に遭ったパソコンがインターネット上のオークションやフリーマーケットなどへ出品されていないか監視するサービスを提供開始した。

「盗難・紛失PC発見サービス」は、インターネットをクローリングし、盗難や紛失被害に遭ったパソコンがインターネット上で転売されていないか監視する法人向けサービス。機器名などのキーワードを事前に設定し、オークションサイトやフリーマーケットアプリを定期的に検索する。

対象機器と疑われる出品を確認した場合は、出品ページの情報を保存した上で報告。監視期間の終了後には、報告書を提出する。削除要請の支援や購入の代行、機器調査会社の紹介など関連サービスも提供する。

料金はサービス内容や期間、監視対象の件数によって変動し、32万4000円から。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS