Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」で利用される一部テーマやプラグインの脆弱性によってウェブサイトが改ざんされる被害が多数サイトで確認された。同じサーバ内で運用される別のサイトに感染が拡大するおそれもあるという。

攻撃を確認したSucuriによれば、「WordPress」向けに提供されているテーマ「tagDiv」の2年前に修正された脆弱性や、プラグイン「Ultimate Member」であらたに明らかとなった脆弱性を悪用してサイトを改ざんし、外部サイトへリダイレクトさせる攻撃が、8月以降多数検知されているという。

誘導先の不正サイトでは、偽の「reCAPTCHA」を表示していたほか、アクセスしたユーザーにブラウザ通知を許可するよう求める。

また侵害されたサイトでは、マルウェアを感染させることを目的としたスクリプトが外部から読み込まれていた。

同社が確認したところ最初に確認されたスクリプトは1700件以上、1週間後に追加されたスクリプトも500件以上のサイトに埋め込まれていた。さらに別のスクリプトが埋め込まれるケースもあるとしている。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性