Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン

コンフォートホテルを展開するチョイスホテルズジャパンは、一部顧客へ送信したメールが、本来とは異なる別の顧客に送信されたことを明らかにした。予約システムの不具合が原因である可能性があるとして、詳細について調査を進めている。

同社によれば、8月17日に同社サイトの予約システムから一部顧客へ送信されたメールにおいて、誤送信が発生したもの。予約した顧客宛てに自動配信される3種類のメールが、本来送信されるべき顧客ではなく、別の顧客へ送信されたという。顧客からの指摘で問題が判明した。

誤って送信されたメールは449件で、ウェブサイトに登録されている顧客の氏名のほか、宿泊ホテルや予約番号、到着日、出発日などが含まれる。同社では対象となる顧客へメールで謝罪し、問題のメールについて削除を依頼している。

同社では誤送信が生じた原因について、予約システムの不具合の可能性があると説明。18日以降のメール配信を中止し、詳細について調べている。

(Security NEXT - 2018/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設