Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も

Intelプロセッサに、脆弱性「L1 Terminal Fault(L1TF)」が判明した問題で、VMwareはアップデートをリリースしたほか、緩和策をアナウンスしている。

「Intel Software Guard Extensions(Intel SGX)」をサポートする一部プロセッサに、投機的実行でサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性が判明したもの。別名「Foreshadow」と名付けられている。

VMwareでは、今回判明した脆弱性のうち、「Foreshadow-NG」と呼ばれる「CVE-2018-3646」「CVE-2018-3620」への対応を公表した。

「CVE-2018-3646」は、仮想マシンやハイパーバイザーなどに影響する脆弱性。同じCPUコアで動作するVM間で情報が漏洩するおそれがある。また「CVE-2018-3620」を悪用されると、「OS」や「システム管理モード(SMM)」において情報を取得される可能性がある。

同社では、ハイパーバイザーなどが影響を受ける「CVE-2018-3646」について、「VMware vCenter Server」「VMware vSphere ESXi」「VMware Workstation」「VMware Fusion」向けに影響を緩和するアップデートを用意。

「CVE-2018-3620」に関しては、「vCloud Usage Meter」「Identity Manager」「vCenter Server」「vSphere Data Protection」「vSphere Integrated Containers」「vRealize Automation」が影響を受けるとして緩和策をアナウンス。脆弱性へ対処するパッチについては保留中としている。

20180815_vm_001.jpg
「CVE-2018-3646」の影響を緩和するアップデート(表:VMware)
20180815_vm_002.jpg
「CVE-2018-3620」に関する緩和策の提供状況。影響を緩和するパッチについては保留中の模様だ(表:VMware)

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中