Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、同社UTM「Firebox」向けに最新OSとなる「Fireware 12.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、従来の機能にくわえ、定義ファイルに依存しないマルウェア対策機能「IntelligentAV」を追加。機械学習を活用したCylanceのマルウェア検知エンジンをあらたに搭載した。

さらにURLフィルタリングにおいてカテゴリ別にアラートを生成する機能を追加。また「POP3 over SSL」や「SMTP over SSL」のメール検索プロトコルで、プロキシおよびマルウェアの検査に対応。ポリシー設定により、特定国の送受信トラフィックを制限することが可能となった。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携