Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、同社UTM「Firebox」向けに最新OSとなる「Fireware 12.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、従来の機能にくわえ、定義ファイルに依存しないマルウェア対策機能「IntelligentAV」を追加。機械学習を活用したCylanceのマルウェア検知エンジンをあらたに搭載した。

さらにURLフィルタリングにおいてカテゴリ別にアラートを生成する機能を追加。また「POP3 over SSL」や「SMTP over SSL」のメール検索プロトコルで、プロキシおよびマルウェアの検査に対応。ポリシー設定により、特定国の送受信トラフィックを制限することが可能となった。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」