Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、同社UTM「Firebox」向けに最新OSとなる「Fireware 12.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、従来の機能にくわえ、定義ファイルに依存しないマルウェア対策機能「IntelligentAV」を追加。機械学習を活用したCylanceのマルウェア検知エンジンをあらたに搭載した。

さらにURLフィルタリングにおいてカテゴリ別にアラートを生成する機能を追加。また「POP3 over SSL」や「SMTP over SSL」のメール検索プロトコルで、プロキシおよびマルウェアの検査に対応。ポリシー設定により、特定国の送受信トラフィックを制限することが可能となった。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX