Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構

日本がん治療認定医機構の委託先が運営するシステムが不正アクセスを受け、がん認定医のメールアドレスとパスワードが流出した問題で、同機構は調査結果を受けて被害件数について訂正した。

がん治療認定医の変更届システムが、複数回にわたって不正アクセスを受けたもの。2月22日に、認定医の所属先から情報流出の可能性について指摘があり、問題が発覚。4月に外部へ調査を依頼していた。

同機構では当初、2007年10月10日から2018年2月22日にかけて、同システムで情報を登録または変更した認定医最大2万1563人分のメールアドレスとパスワードと説明。

今回の調査で2017年6月初旬から2018年2月22日にかけて、複数回にわたり情報流出していたことが判明。流出した情報を2万4599人分、2万9678件のメールアドレスとパスワードであると訂正した。

そのうち5522件は、がん治療認定医ではなく、過去にセミナーまたは試験に申し込んだ一部関係者だという。

同機構では対象となる認定医や関係者にメールで報告するとともに、パスワードの使いまわしを行っている場合は、すみやかに変更するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及