Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス

NRIセキュアテクノロジーズは、「検出」「盗聴」「リプレイ」「DoS攻撃」「なりすまし」などの観点から診断を行う無線通信のセキュリティ診断サービスを提供開始した。

同サービスは、「LTE」や「Wi-Fi」「Bluetooth」にくわえ、「LoRaWAN」「Zigbee」「Wi-SUN」といった「LPWA(Low Power Wide Area)」などの無線通信を対象に、セキュリティ診断を行うもの。自動車やプラント、スマートシティ、コンシューマの4分野について、代表的なIoTシステム構成の特性を踏まえたうえで、通信方式に応じた診断を実施する。

「検出」「盗聴」「リプレイ」「DoS攻撃」「なりすまし」の観点からセキュリティ診断を実施。無線通信区間の診断にくわえ、IoTシステムの全体像や実際の利用シーンを踏まえた総合的なIoTセキュリティ診断にも対応する。

(Security NEXT - 2018/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始