Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス

NRIセキュアテクノロジーズは、「検出」「盗聴」「リプレイ」「DoS攻撃」「なりすまし」などの観点から診断を行う無線通信のセキュリティ診断サービスを提供開始した。

同サービスは、「LTE」や「Wi-Fi」「Bluetooth」にくわえ、「LoRaWAN」「Zigbee」「Wi-SUN」といった「LPWA(Low Power Wide Area)」などの無線通信を対象に、セキュリティ診断を行うもの。自動車やプラント、スマートシティ、コンシューマの4分野について、代表的なIoTシステム構成の特性を踏まえたうえで、通信方式に応じた診断を実施する。

「検出」「盗聴」「リプレイ」「DoS攻撃」「なりすまし」の観点からセキュリティ診断を実施。無線通信区間の診断にくわえ、IoTシステムの全体像や実際の利用シーンを踏まえた総合的なIoTセキュリティ診断にも対応する。

(Security NEXT - 2018/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応