Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省

経済産業省は、分散型システムである「ブロックチェーン技術」の社会実装に向けて調査研究を実施し、報告書を取りまとめた。

同調査研究は、ブロックチェーン技術を活用したシステムの社会実装に向けて、「システム評価軸の具体例の作成」「法制度上の課題の調査」「サービス構築に必要となる要素技術の整理」を行ったもの。

システム評価のユースケースとして「医療、ヘルスケア分野」「物流、サプライチェーン、モビリティ分野」「スマートプロパティ」の3件を選定。「ブロックチェーンを活用したシステムの評価軸ver1.0」を用いて、「機密性」「完全性」「否認防止性」といったセキュリティ面を含む机上評価を実施した。

また弁護士や有識者、民間団体、企業からなる検討会を開催。「医療、ヘルスケア分野」「物流、サプライチェーン、モビリティ分野」にくわえ、ブロックチェーンを活用した電磁的記録による交付の適法性、スマートコントラクトによる契約の有効性、トークンの移転にともなう権利移転の有効性といった横断的テーマについて、法解釈や制度のあり方、規制緩和などの課題について検討。

さらに、分散型システムの構築と実用化における課題を抽出し、「性能効率性」「保守、運用性」「セキュリティ」などをはじめ、評価項目より課題解決に必要な技術を整理している。

(Security NEXT - 2018/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
「kusabi」の標準化を推進するコンソーシアムが設立
「Security Days Spring 2018」を全国4カ所で開催 - 事前登録を受付