Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大

九州大学は、同大教員が出張先の海外において、学生や同大資料館の利用者情報などを保存していたパソコンを盗まれたと発表した。

同大付属図書館付設記録資料館の教員が、6月23日に資料の調査のために訪れたスペインで、食事をしていた際にパソコンを入れた鞄が置き引き被害に遭ったという。

持ち去られたパソコンには、教員がアルバイトとして採用した学生15人分の氏名や生年月日、所属ゼミ、出勤状況、送受信したメールなどのデータを保存。

また氏名や電話番号、メールアドレスなど同館利用者55人分の情報や同教員が非常勤講師を務める他大学の学生情報なども含まれるとしている。

現地の警察へ被害を届けたが見つかっておらず、同大では、連絡先が判明した同大関係者に対して文書で事情を説明、謝罪している。

(Security NEXT - 2018/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が盗難、翌日回収 - ケア21
生徒の名簿が入った鞄を紛失 - 練馬区の中学校
顧客情報記載のノートがスーパーで置き引きに - 京阪互助センター
日清食品、採用セミナー出席者の履歴書などが置き引き被害に
教員が置き引き被害、学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市立大
個人情報含むPCが飲食店で置き引き - 起業家支援のNPO法人
出張先のベルギーで個人情報含むPCが置き引き被害 - 広島大
取引先の個人情報など含むノートPCを駅で紛失 - J:COMグループ会社
顧客情報記載の書類が置き引き被害 - 大東建託
顧客情報リストがショールーム内で置き引き被害に - ヤナセ子会社