Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定

総務省は、「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版を公表した。

2014年に策定した「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」を改定したもの。6月から7月にかけてパブリックコメントを実施し、一部追記、修正を行った上で決定した。

改訂版では、「IoTサービスを提供する際のリスクに対する対応方針」を追加したほか、2008年1月に策定した「ASP・SaaS における情報セキュリティ対策ガイドライン」を統合。クラウド事業者が参照するガイドラインの一元化を図っている。

20180802_so_001.jpg
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の目次

(Security NEXT - 2018/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず
ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など