Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト

天然素材による衣料品の通信販売を手がける「evameva Online Shop」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が外部へ流出したことがわかった。

同サイトを運営する近藤ニットによれば、海外のIPアドレスよりウェブアプリケーションの脆弱性を突く不正アクセスがあり、不正なプログラムが設置されたという。3月7日から6月19日にかけてサイトのクレジットカード入力画面から入力された情報が外部へ送信されたと見られる。

期間中にクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報最大358件が対象で、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。同画面で入力する情報以外の流出はなかったとしている。

6月19日にクレジットカード会社から決済代行会社を通じて指摘があり、問題が判明した。同社では、クレジットカード決済を停止するとともに、脆弱性の修正やセキュリティの強化を進めている。

(Security NEXT - 2018/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正