Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド

トレンドマイクロは、「Amazon Web Serivices(AWS)」をあらたに利用するスタートアップ企業向けに、サーバ向けクラウド型セキュリティサービスを無償で提供する。

AWSのスタートアップ企業向け無料パッケージ「AWS Activate」を利用する企業に対して、同社のサーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service」を、最大1年間無償で提供するもの。

同サービスでは、不正プログラム対策やウェブレピュテーション、IPS、IDS、アプリケーションコントロール、ファイアウォール、変更監視、セキュリティログ監視などの機能を利用することが可能。

提供する条件は、「AWS Activate」の利用申込から2年以内の企業。同サービスのライセンスについて4サーバ分を1年間無償で提供する。申請はメールで受け付ける。

(Security NEXT - 2018/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
「AWS」や「Azure」、「Foreshadow」に対応済み
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース