Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド

トレンドマイクロは、「Amazon Web Serivices(AWS)」をあらたに利用するスタートアップ企業向けに、サーバ向けクラウド型セキュリティサービスを無償で提供する。

AWSのスタートアップ企業向け無料パッケージ「AWS Activate」を利用する企業に対して、同社のサーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service」を、最大1年間無償で提供するもの。

同サービスでは、不正プログラム対策やウェブレピュテーション、IPS、IDS、アプリケーションコントロール、ファイアウォール、変更監視、セキュリティログ監視などの機能を利用することが可能。

提供する条件は、「AWS Activate」の利用申込から2年以内の企業。同サービスのライセンスについて4サーバ分を1年間無償で提供する。申請はメールで受け付ける。

(Security NEXT - 2018/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
インフラ構成管理ツール「SaltStack」に深刻な脆弱性 - 悪用コード公開、早急に対処を
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント