Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド

トレンドマイクロは、「Amazon Web Serivices(AWS)」をあらたに利用するスタートアップ企業向けに、サーバ向けクラウド型セキュリティサービスを無償で提供する。

AWSのスタートアップ企業向け無料パッケージ「AWS Activate」を利用する企業に対して、同社のサーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service」を、最大1年間無償で提供するもの。

同サービスでは、不正プログラム対策やウェブレピュテーション、IPS、IDS、アプリケーションコントロール、ファイアウォール、変更監視、セキュリティログ監視などの機能を利用することが可能。

提供する条件は、「AWS Activate」の利用申込から2年以内の企業。同サービスのライセンスについて4サーバ分を1年間無償で提供する。申請はメールで受け付ける。

(Security NEXT - 2018/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性判明後、「Drupal」調査アクセスが増加 - 攻撃対象を探索か
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC