Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増

2018年第1四半期に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた脆弱性の届け出は158件だった。ウェブサイトに関する届け出が減少する一方、ソフトウェア関連が倍増している。

同機構が、2018年第2四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期の届け出件数は158件で、前四半期の138件を上回った。

届け出の内訳を見ると、ソフトウェアに関する脆弱性が107件で、前四半期の51件から倍増。ウェブサイト関連は51件で、前四半期の87件から減少した。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア製品が4054件。ウェブサイト関連が9766件。ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占めている。同四半期における1日あたりの届け出件数は4.06件だった。

20180726_ip_002.jpg
届け出件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響