Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動

産総研によれば、今回の不正アクセスは、クラウドのメールシステムや内部システムに対し、国内にある特定大学のIPアドレスのほか、海外IPアドレスを中心に155件のIPアドレスより行われていた。

不正アクセスは、平日の16時半ごろから翌日未明2時ごろにかけて行われており、単独か数名規模の同一グループより行われた可能性が高いと見られている。

職員のログインIDが窃取されたほか、パスワードなどが解析され、システムへの侵入を許し、ファイルなどを窃取されたという。

具体的には、職員全員の氏名や所属のほか、職員のメールアカウント143件が乗っ取られ、添付ファイルを含むメールのデータが取得された。さらに未公表の研究情報120件をはじめ、共同研究契約に関する情報約200件、個人情報を含む約4700件の書類が流出。

ただし、流出した情報に秘密保全の必要性が高いものや、国の安全や利益、研究所の業務や利益に重大な損害を与える情報は含まれていないとしている。

20180723_sa_002.jpg
流出や流出した可能性があるデータ(表:産総研)

(Security NEXT - 2018/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
木工ワークショップのウェブサイトが改ざん被害
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
アクセ通販サイトに不正アクセス - クレカや顧客DBが流出か
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
キャンプ場予約サイトに不正アクセス - 施設のメアドが流出か
ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社