Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー

ジャパンレンタカーにおいて、ウェブ会員のアカウント情報が外部に流出した可能性があることがわかった。具体的な件数などは明らかにされていない。

同社によれば、同社が保有するウェブ会員のメールアドレスとパスワードが、同社外で確認されたもの。同社では会員データをネットワークから切り離し、6月19日に事態を公表した。会員システムからデータが流出した可能性があるとして調査を進めているが、7月13日の時点で原因などは明らかになっていない。

同社は今回の問題に関して「真摯に対応していきたい」とする一方、流出した可能性がある会員情報の件数などについてはコメントを避けている。同社は今後あらたに判明したことがある場合は、ウェブサイトで情報を公表していくと説明している。

(Security NEXT - 2018/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
予約システム「Coubic」に不正アクセス - 管理用PWを奪われる
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
法令遵守支援の会員向けサイトに不正アクセス - 日本貸金業協会
約27億レコードのアカウントデータ群、2000万件超が国内からか - 新規データも多数内包
教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か