Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー

ジャパンレンタカーにおいて、ウェブ会員のアカウント情報が外部に流出した可能性があることがわかった。具体的な件数などは明らかにされていない。

同社によれば、同社が保有するウェブ会員のメールアドレスとパスワードが、同社外で確認されたもの。同社では会員データをネットワークから切り離し、6月19日に事態を公表した。会員システムからデータが流出した可能性があるとして調査を進めているが、7月13日の時点で原因などは明らかになっていない。

同社は今回の問題に関して「真摯に対応していきたい」とする一方、流出した可能性がある会員情報の件数などについてはコメントを避けている。同社は今後あらたに判明したことがある場合は、ウェブサイトで情報を公表していくと説明している。

(Security NEXT - 2018/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大