Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都

東京都は、SNS上のトラブルや犯罪被害に遭わないための情報を提供するSNSアカウントを開設した。中学生と高校生向けに情報を発信していく。

20180717_to_001.jpg
LINEの相談画面(画像:東京都)

スマートフォンやSNSの利用に起因するトラブルや犯罪被害の防止に向けて情報発信を行うもの。都のキャラクター「みまもりぃぬ」と、人気モデルの舟山久美子さんが監修した「おたすけ団」が、「SNSトラブル回避術」を伝授する。

具体的には、「LINE」「Twitter」「Facebook」においてアカウント「みまもりぃぬ」を開設。被害事例の紹介やSNSトラブルニュース、考えて学べるクイズなどを配信する。

また8月1日から同月14日までの期間限定で、LINEによるトラブル相談窓口を開設。アカウント名は「都庁ネットトラブル相談 こたエール」で、実施時間は10時から21時まで。

なお、今回のLINEによる相談受付は期間限定だが、「こたエール」では通常、24時間受付のメール相談と、直接相談員に相談できる電話相談の窓口を開設し、小中高生や保護者、教師からの相談を受け付けている。

電話相談の受付時間は、月曜日から金曜日は9時から18時、土曜日は9時から17時まで。

(Security NEXT - 2018/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
若年層向け啓発コンクールの受賞作品が決定 - あらたに文科大臣賞も
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
学生向けセキュリティコンクールの受賞候補作品を公開 - 意見を募集
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
JSSEC、中高生におけるスマホ利用動向の調査レポートを発表
ラック、若年技術者支援プログラムの募集を開始