Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS

PwCサイバーサービスは、組織のネットワーク内部に潜伏するマルウェアを検出する「スレットハンティングサービス」を提供開始した。

同サービスでは、ヒアリングを実施し、顧客環境にあわせたエージェントレスの情報収集ツールを用意。各端末で定期的に実行し、得られたログをもとに、マルウェアの痕跡を調べる。

疑わしいファイルやログを抽出する分析エンジンは、機械学習の機能を備え、収集したマルウェアや実証実験で得られた結果などの情報を活用。

脅威情報などの関連性も踏まえて分析を行うとしており、影響を受ける端末やファイルのハッシュ値、ファイルのサイズ、パス、分析結果などを報告する。

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI