Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS

PwCサイバーサービスは、組織のネットワーク内部に潜伏するマルウェアを検出する「スレットハンティングサービス」を提供開始した。

同サービスでは、ヒアリングを実施し、顧客環境にあわせたエージェントレスの情報収集ツールを用意。各端末で定期的に実行し、得られたログをもとに、マルウェアの痕跡を調べる。

疑わしいファイルやログを抽出する分析エンジンは、機械学習の機能を備え、収集したマルウェアや実証実験で得られた結果などの情報を活用。

脅威情報などの関連性も踏まえて分析を行うとしており、影響を受ける端末やファイルのハッシュ値、ファイルのサイズ、パス、分析結果などを報告する。

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施