Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ

教育新聞の電子版において不正アクセスによる改ざんが発生し、アクセスすると不正サイトへ誘導される可能性があったことがわかった。

同紙を発行する教育新聞社によれば、7月3日6時から21時ごろにかけて、同サイトが改ざんされた状態に陥ったという。期間中にアクセスすると、悪意あるサイトへ誘導される可能性があった。

誘導先のサイトでは、偽セキュリティ対策ソフトのダウンロードなどが要求され、表示をクリックしたり個人情報を入力すると、マルウェアに感染したり情報が窃取されるおそれがあったという。

同社では、改ざん部分を修正。セキュリティ強化とサーバのセキュリティチェックを行ったうえで、同サイトを再開した。会員の個人情報流出については否定している。

また改ざんされた期間中にアクセスした利用者に対し、マルウェアに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
日本地図センターに不正アクセス - 不正サイト誘導のおそれ
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
正規メルマガ機能がフィッシングの踏み台に - ロックファッションサイト
サイト改ざん、入力内容確認ページなどから不正サイトに誘導 - 着物レンタル会社
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導