Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ

教育新聞の電子版において不正アクセスによる改ざんが発生し、アクセスすると不正サイトへ誘導される可能性があったことがわかった。

同紙を発行する教育新聞社によれば、7月3日6時から21時ごろにかけて、同サイトが改ざんされた状態に陥ったという。期間中にアクセスすると、悪意あるサイトへ誘導される可能性があった。

誘導先のサイトでは、偽セキュリティ対策ソフトのダウンロードなどが要求され、表示をクリックしたり個人情報を入力すると、マルウェアに感染したり情報が窃取されるおそれがあったという。

同社では、改ざん部分を修正。セキュリティ強化とサーバのセキュリティチェックを行ったうえで、同サイトを再開した。会員の個人情報流出については否定している。

また改ざんされた期間中にアクセスした利用者に対し、マルウェアに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大