Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ

教育新聞の電子版において不正アクセスによる改ざんが発生し、アクセスすると不正サイトへ誘導される可能性があったことがわかった。

同紙を発行する教育新聞社によれば、7月3日6時から21時ごろにかけて、同サイトが改ざんされた状態に陥ったという。期間中にアクセスすると、悪意あるサイトへ誘導される可能性があった。

誘導先のサイトでは、偽セキュリティ対策ソフトのダウンロードなどが要求され、表示をクリックしたり個人情報を入力すると、マルウェアに感染したり情報が窃取されるおそれがあったという。

同社では、改ざん部分を修正。セキュリティ強化とサーバのセキュリティチェックを行ったうえで、同サイトを再開した。会員の個人情報流出については否定している。

また改ざんされた期間中にアクセスした利用者に対し、マルウェアに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも