Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増

2017年度の国内におけるCSIRT構築運用支援サービス市場は、前年度比18.7%増と高い成長率を示したことがわかった。

ITRが国内の34ベンダーを対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。2017年度における同市場の売上金額は72億3000万円で、前年度比18.7%増となった。

同社は、自社でCSIRTの専任者を配置できるリソースを持つ大企業を中心に、CSIRT構築運用支援サービスの需要が高まっていると分析。2018年度も前年度比14.4%増と堅調な伸びを見せると分析している。

今後も件超に推移し、2020年度には100億円市場に到達。2022年には113億円に達すると見込んでいる。

20180703_it_001.jpg
CSIRT構築運用支援サービスの市場動向(グラフ:ITR)

(Security NEXT - 2018/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催
厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ