Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増

2017年度の国内におけるCSIRT構築運用支援サービス市場は、前年度比18.7%増と高い成長率を示したことがわかった。

ITRが国内の34ベンダーを対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。2017年度における同市場の売上金額は72億3000万円で、前年度比18.7%増となった。

同社は、自社でCSIRTの専任者を配置できるリソースを持つ大企業を中心に、CSIRT構築運用支援サービスの需要が高まっていると分析。2018年度も前年度比14.4%増と堅調な伸びを見せると分析している。

今後も件超に推移し、2020年度には100億円市場に到達。2022年には113億円に達すると見込んでいる。

20180703_it_001.jpg
CSIRT構築運用支援サービスの市場動向(グラフ:ITR)

(Security NEXT - 2018/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞候補、公募を開始
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社