Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省

総務省は、、IoT機器とインターネットの境界にセキュリティ対策のゲートウェイを設置する有効性について検証を実施し、結果を取りまとめた。

IoT機器に精通していない利用者を一元的にネットワーク側で保護するしくみが求められるとして、同省が「IoTセキュリティ基盤を活用した安心安全な社会の実現に向けた実証実験」を実施したもの。

IoT機器とインターネットの境界にネットワーク側で一元的にセキュリティ対策を実施する「IoTセキュアゲートウェイ」を設置。不正なIoT機器からの通信を遮断する「認証機能」、通信状況の記録による異常な通信を発見する「検知機能」、ソフトウェアのバージョン管理や強制アップデートといった「対処機能」など、一連のセキュリティ対策における有効性や影響などを調べた。

具体的には、「カーモビリティ」「スマートホーム」「エデュケーション」の3分野をピックアップ。「不正アクセス」や「なりすまし」「乗っ取り」「盗聴」「盗難」など、想定されるリスクに対し、対処できるか検証した。

20180702_so_001.jpg
実証実験のイメージ(図:総務省)

(Security NEXT - 2018/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催