Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省

総務省は、、IoT機器とインターネットの境界にセキュリティ対策のゲートウェイを設置する有効性について検証を実施し、結果を取りまとめた。

IoT機器に精通していない利用者を一元的にネットワーク側で保護するしくみが求められるとして、同省が「IoTセキュリティ基盤を活用した安心安全な社会の実現に向けた実証実験」を実施したもの。

IoT機器とインターネットの境界にネットワーク側で一元的にセキュリティ対策を実施する「IoTセキュアゲートウェイ」を設置。不正なIoT機器からの通信を遮断する「認証機能」、通信状況の記録による異常な通信を発見する「検知機能」、ソフトウェアのバージョン管理や強制アップデートといった「対処機能」など、一連のセキュリティ対策における有効性や影響などを調べた。

具体的には、「カーモビリティ」「スマートホーム」「エデュケーション」の3分野をピックアップ。「不正アクセス」や「なりすまし」「乗っ取り」「盗聴」「盗難」など、想定されるリスクに対し、対処できるか検証した。

20180702_so_001.jpg
実証実験のイメージ(図:総務省)

(Security NEXT - 2018/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集